楽器奏庫|ギターを買う・売るならおまかせ!あなたの音楽生活をトータルサポートします!

数々のシリーズを生み出した伝統モデル「ESP The Mirage」

2020年09月05日

こんにちは!
楽器奏庫スタッフ トミタカです。

 

ここのところ当店にあるギターや機材のご紹介ブログを書いておりますと、ありがたいことに店頭やSNSでご感想などの反響をいただいております。

ぼく自身もあらためて文章にするとなると、あらためてソースを調べなおしたり、なんとなく知っていたことがあれ?そうだったっけ?と思うこともちらほらあり、このブログを書くのが良い勉強になっております。

読み物として、あるいは新しいギターや機材購入の参考に、はたまたギターや機材の悩みをちょっと相談してみるか等々のきっかけにしていただければ幸いでございます。

もしこういうところが気になる!などありましたら、更新してまいりますのでお気軽にご連絡くださいね!

 

さて、今回はコチラ!往年のハードロック/ヘヴィメタルファンなら気になって仕方がない!はず。

M-IIやKH-2などのモデルを派生したESP「ミラージュ」

1984年海外向けカタログに姿を現した「THE MIRAGE」

https://www.digimart.net/cat01/shop5099/DS06348286/

当時はSTタイプやTLタイプの400シリーズ、今とはシェイプなどの異なるホライゾンシリーズ、STとTLを混ぜたようなハイブリッドシリーズなど、それまでのトラッドなスタイルと新たな時流にそった実験的なスタイルの両面がラインナップされていました。

この「THE MIRAGE」はその中でも600シリーズと呼ばれ、アメリカやヨーロッパで展開されていきます。なお、今回ご紹介する1ハムバッカー仕様「Mirage Standard」以外にも、2ハムバッカー仕様が「Mirage Deluxe」、ローズウッド指板&1ハムバッカー仕様の「Mirage Special」、ローズ指板&2ハムバッカー仕様の「Mirage Custom」とバリエーションがありました。
メタリカのカークハメットモデルKH-2やスレイヤーのジェフハンネマンモデルなどが、このモデルを元に開発されたといわれています。

 

目次

  • M-IIやKH-2などのモデルを派生したESP「ミラージュ」
  • まずは気になるサウンドから
  • The Mirage の特徴
  • シンプルかつオーソドックスゆえの弾き応えとサウンド
  • 信頼性の高いパーツセレクト
  • まとめ

まずは気になるサウンドから

さっそくサウンドから聞いていただきましょう!動画ではギターからエフェクターなどを挟まず、アンプに直接つなげた状態です。

使用したアンプは Blackstar HT Stage 100H ヘッドアンプと Marshall 1960 キャビネットのスタック。HT Stage 100H は3チャンネル構成で、ブラックスター独自のISFコントロールによってブリティッシュなウェットサウンドから根明な抜けのよいアメリカンサウンドを無段階に調整できることから、サウンドバリエーションの豊富さに定評がありますが今回はヘッドフォンで視聴した際にニュアンスが伝わりやすいようフラットな設定にしてあります。

叙情的な単音フレーズはウェットに、バッキングでコードを弾けばどこか粘るような歪み感と明るさがあり、低音弦を中心にしたリフを刻めば素早いレスポンスを返してくれるなど、プレイヤーが出したいニュアンスに忠実に反応しています。

 

The Mirage の特徴

今やESPを代表するモデルのひとつとなった “スナッパー”と並べてみました。ニューヨークヘッドと呼ばれる独自のヘッドシェイプはこの頃から受け継がれていますね。スナッパーのボディシェイプはディンキースタイルなので、あらためて並べてみるとカッタウェイやくびれの深さに違いがあるのが分かりますね。

当初“ミラージュ” のボディシェイプは画像のようにフルサイズのSTタイプでしたが、数年後にはやや小ぶりなディンキースタイルへと移り変わっていき、フルサイズSTタイプはM-1という別名に分岐します。なお、M-1はフルサイズSTシェイプにリバース仕様のバナナヘッドと1ハムバッカー、ロック式トレモロといったどこかで見たことある仕様だったり。当時絶大な人気だったあのギターヒーローの影響がうかがえますね。

 

シンプルかつオーソドックスゆえの弾き応えとサウンド

昔、某メーカーの1ハムギターを使用していた時期がありまして、ネックがかなり薄い反面でボディ鳴りが少なかったのもあって、音が抜けてこなくてついつい強くピッキングしてしまい、テンポの早い曲のリフを弾ききるのに苦労した覚えがあります。この個体はネックのフィーリングやボディバランス、鳴り感がちょうどよいので違和感はありませんでした。

ピックアップが一つだけというのはピックアップで音色を変えることができない分、弾くことに集中できるのでリフとリードのいずれも、自然とフレーズの選択やピッキングなどの表現方法を工夫していくことになります。これで練習すればギターも上手くなるってもんでしょう。(⌒ー⌒)

それにしても赤い指板は目立ちますねぇ!

 

信頼性の高いパーツセレクト

30年以上を経てなおヘタリのないパーツ類。さすがにくすみや汚れはありますが、チューニングが不安定になったりガリやノイズなどはなく、手にしてすぐに使えちゃうクオリティ。
なお、本来のピックアップとは異なり、トレモロユニットの広い弦ピッチに合わせたトレムバッカー仕様のセイモア・ダンカンJBことTB-4に交換されています。ダンカンJBは出力やレンジ感などトータルバランスに優れたピックアップとして定評があります。クセがないので弾き手のニュアンスがよく出ますよ!

 

まとめ

いかがでしたか?国内のみならず海外でも高く評価されているのは長年に渡る創意工夫によるもの。日本が世界に向けて発信したギターに少しでも興味を持っていただけたなら幸いです。

ESPのオフィシャルブログにはモデルヒストリーと題して、ホライゾンやフォレスト、今回ご紹介した後継モデルのM-IIなども公開されています。そちらもチェックしてみると、よりマニい知識が入手できますよ!

今回はESPの伝統モデル「The Mirage」のご紹介でした!

 

【お知らせ】

楽器奏庫オープン3周年記念!楽器の高価買取キャンペーン!
おかげさまで楽器奏庫はオープンから3年を迎えることができました。日々当店をご愛顧いただいている皆様への感謝の気持ちを込めて、中古楽器の買取強化を実施中!買取り・下取りでお悩みの方、まずはどれくらいになるのか査定のみでもOK!当サイト内にある「かんたん査定」をぜひご利用ください。かんたん査定お申込みフォームは⇒コチラ
まだまだ買い取りが不足しておりますので、ご検討されている方はぜひともよろしくお願いいたします。感謝祭として目玉品も取り揃えてお待ちしております。ぜひ楽器奏庫 立川店へお立ち寄りください!

 

お探しの楽器をお知らせください!
楽器奏庫では日々数多くの中古楽器の入荷・販売を行っております。WEBでは掲載しきれていないアイテムも多数ございますので、もしお探しになられている楽器・機材がございましたら当店までお伝え下さい。入荷や情報が入りましたらお知らせいたします。お問い合わせフォームは⇒コチラ

 

#ESP #mirage #ミラージュ #80年代 #ロック #メタル #メイドインジャパン #日本製 #楽器 #中古 #査定 #買取 #買い取り #買取り #売る #下取 #下取り #楽器奏庫 #楽器倉庫 #ギター #ベース #アンプ #エフェクター #パーツ #メンテナンス #リペア #セットアップ #修理 #調整 #モディファイ #改造 #駅近 #駐車場 #立川 #国分寺 #八王子 #国立 #日野 #所沢 #多摩 #昭島 #拝島 #中神 #豊田 #小金井 #武蔵 #西東京 #JR #中央線 #南部線 #青梅線 #多摩モノレール #八高線 #武蔵野線 #西武 #digimart #デジマート

The following two tabs change content below.
楽器奏庫
楽器奏庫はギター・ベース・アンプ・エフェクター・電子ピアノを中心とした楽器の買取・販売専門店です。
楽器業界で10数年に渡る経験したベテランスタッフ達が常駐しておりますので、プロからアマまで分け隔てなく、音楽を楽しむためのご提案をいたします。
メンテナンスなど楽器に精通したスタッフですから、初心者の方も安心してご相談くださいね♪

取扱商品:ギター、ベース、エフェクター、アンプ、電子ピアノ、各楽器関連小物など
【楽器奏庫 立川店】
住所:東京都立川市錦町2-1-7 古川ビル1F
TEL/FAX:042-595-9347
営業時間:11:00-21:00
定休日:火曜日
デジマート

買取強化ブランド

PAGETOP
店頭買取
買取の流れ