楽器奏庫|ギターを買う・売るならおまかせ!あなたの音楽生活をトータルサポートします!

【楽器やろうぜ!】ウクレレのチューニング、Low-Gって何?

2020年05月09日

当店『楽器奏庫(がっきそうこ)』では買取査定は無料!お気軽にお問い合わせください。
こんにちは!スタッフのカドイです。

ウクレレをやり始めて色々曲をやっていたら楽譜の端に何やらLow-Gという表記が…コレって何?と疑問を持った方、まだ見てないけどとりあえずこのページを見つけたという方にザックリご説明していきたいと思います。

 

・ウクレレのチューニングは2種類ある?

ウクレレのチューニングは2種類あることをご存じでしょうか?
購入してそのままの弦や、大体の交換用弦は4弦(抱えたときに一番上に来る弦)が高めのGから始まるG,C,E,Aというチューニングです。ウクレレらしい高めの明るい音色が特徴のチューニングですね。これをhigh-Gと呼びます。

Low-Gというのは、4弦を1オクターブ下にチューニングしたものをそう呼んでいます!
High-Gはウクレレのあの明るくポロポロとした音が響きやすいのですが、Low-Gは最近のJ-Popなどに合いやすい音程になりますよ。
Low-Gにすると音が4弦から段々高くなるチューニングになるので元々ギター、ベースを使われていた方にはLow-Gは弾きやすいのではないでしょうか。

 

・Low-Gってどう調整するの?

調整するには4弦の交換が必須となります。細い4弦のまま1オクターブ下げても弦がだるんだるんになって正しく演奏できないのでご注意くださいね!
交換する弦はLow-G用の物が販売しておりますのでそちらを使っていただきますが、選ぶ際も一つ注意が必要です。
というのもLow-G弦はギターのように金属の線が巻かれている巻き弦のものや他の弦同様のナイロン弦がかなり太くなったものの二種類が存在しているのです。

巻き弦タイプは弦の太さがあまり変わらないのでブリッジやナットの加工が不要でそのまま付けられますが、金属っぽい音が聞こえるので違和感を感じやすい方もいます。

ナイロン弦は他の弦と素材が同じなので音もすぐに馴染むのですが、弦そのものがかなり太くなるのでブリッジやナットの加工が必要となります。

このようにメリットデメリットがありますのでやりたい曲や自分の好みの音に合わせて選んでくださいね!

※現在当店で取り扱い中のLow-G弦は巻き弦タイプとなりますのでご購入の際は必ず確認をお願いします。

弦交換が初めての方は当店で弦交換を行いますので是非スタッフにご相談くださいね!

 

【楽器奏庫では、楽器・エフェクター高価買取中!】

楽器奏庫では買取りがまだまだ不足しております。
ギター・ベース・アンプ・エフェクターの買取はお任せください。お電話やメールでのご相談もお受けしております。
高額で買い取りさせていただきますので、ご検討されている方はぜひともよろしくお願いいたします。

 

これを見てウクレレに興味を持った方はデジマートに一部ウクレレを掲載しておりますのでチェックしてみてください!>>>デジマート掲載ページはコチラ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

#ウクレレ #立川 #買取 #買い取り #買取り #売る #楽器 #楽器奏庫 #立川 #メンテナンス #digimart #デジマート #ギター

The following two tabs change content below.
楽器奏庫
楽器奏庫はギター・ベース・アンプ・エフェクター・電子ピアノを中心とした楽器の買取・販売専門店です。
楽器業界で10数年に渡る経験したベテランスタッフ達が常駐しておりますので、プロからアマまで分け隔てなく、音楽を楽しむためのご提案をいたします。
メンテナンスなど楽器に精通したスタッフですから、初心者の方も安心してご相談くださいね♪

取扱商品:ギター、ベース、エフェクター、アンプ、電子ピアノ、各楽器関連小物など
【楽器奏庫 立川店】
住所:東京都立川市錦町2-1-7 古川ビル1F
TEL/FAX:042-595-9347
営業時間:11:00-21:00
定休日:火曜日
デジマート

買取強化ブランド

PAGETOP
店頭買取
買取の流れ